コンテンツへスキップ

Informatrion

クラテラスたつのは、龍野醤油同業組合(現:龍野醤油協同組合)が大正4年に建設した醸造工場(醤油蔵)を、当時の建築を存分に活かしながらリノベーションし、2017(平成29)年10月8日にオープンしました。

たつの市を訪れる方々に同市の魅力を味わっていただけることを目的とし、特産物である「そうめん(揖保乃糸)」、「うすくち醤油」、「皮革(たつのレザー)」を一堂に会したショップ(お土産物店)と、地産地消カフェを併設し、新たな観光交流拠点としてたいへん多くの方にお楽しみいただいています。

また、敷地内に前述の同組合が大正13年に建築した旧組合事務所は、大正ロマンを感じさせる洋館で、現在「醤油の郷 大正ロマン館」と名付けられ観光案内や展示施設として無料開放しており、クラテラスたつの(旧醸造工場)とともに国の登録有形文化財に登録されています。

龍野藩五万三千石の城下町である、「たつの市龍野伝統的建造物群保存地区(龍野伝建地区)」が、2019(令和元)年12月、国の「重要伝統的建造物群保存地区(重伝建地区)」に選定されました。道幅などほとんどの区画は昔のまま残っており、歴史の面影が残る町をそぞろ歩けば、まるでタイムスリップしたかのような錯覚に陥るかもしれません。
そんな歴史ある龍野城下町の中にあって、龍野の魅力を詰め込んだ「クラテラスたつの」はまさに城下町龍野を丸ごと味わえるランドマークスポット。

お土産を買うもよし、地産地消の美味しいものを味わうもよし、町並みや建築物の外観や内観から歴史に想いを馳せるもよし。思い思いの方法で、どうぞ城下町龍野を味わってください。

message

代表 水口麻衣子

クラテラスたつのがある城下町龍野は、まさにわたし自身の生まれ育った町です。
この地で生まれ、この町を走り回って遊び、そして仲間と共に学びました。
学生時代からの数年は一時期離れましたが、現在は自らの暮らしもすぐそばにあります。
こどもの頃は当たり前だった景色は、年を重ねるごとに見方が変わり、昔ながらの街並みや溢れる自然の美しさに魅了されるようになりました。今では、この美しく懐かしい龍野の町を少しでも多くの方に訪れていただきたいと思うようになっています。
そんな城下町龍野の情緒あふれる町並みの中にあり、龍野が歴史とともに育んできた地場産品の数々が並ぶお土産物コーナー、そして龍野ならではの食材を味わうことのできる地産地消カフェ…地元の魅力をいっぱいに詰め込んだこの店は、わたしの故郷を代表する存在です。
特に、うすくち醤油の発祥の地である龍野は、発酵・醸造にまつわる歴史文化と切っても切れない関係にあり、当店もその「発酵」に特に重きを置いています。
訪れるお客さま、みなさまに、龍野の美味しいものを食べていただきたい、そして醤油に代表される発酵調味料をふんだんに用い、素材を活かしてシンプルに仕上げた滋味あふれる地元野菜の惣菜で、健やかに、心軽やかに過ごしていただきたい。との思いから、現在の「地産地消たつの発酵ランチ」を考案しました。
どうぞ龍野の美味しいものを凝縮した腸活発酵ランチやデザートで、発酵と醸造の魅力を体感し、醤油やそうめん、そして龍野レザーを堪能してください。

ACCESS

〒679-4179
兵庫県たつの市龍野町上霞城126 醤油の郷 大正ロマン館
TEL /0791-72-9291

■定休日曜
月曜日(祝日は営業、翌火曜休み)

■営業時間
10:00~17:00

ランチ11:30~14:00(なくなり次第終了)
カフェ 10:00~17:00(L.O 16:30)

※ランチ席予約は11:30のみとさせていただいています